取り組み紹介

ソフトバンク株式会社

新たな人事制度の導入により働き方改革を推進
~ITを駆使して、社員が仕事をよりスマートに楽しむ「Smart & Fun!」の実現に向けて~

ソフトバンク株式会社は、働き方改革推進の一環として、時間や場所の制約を取り除き、社員が最適な働き方で業務を行うことで組織と個人の生産性を最大化することを目的に、新たな人事制度を導入します。ソフトバンクでは働き方に関するスローガンとして「Smart & Fun!」を掲げており、ITを駆使して、全社員がスマートに楽しく働くことを目指しています。そして、その実現に向けて、以下の人事制度を2017年4月から実施します。

ソフトバンク株式会社の取り組み

■1万人規模でスーパーフレックス制度を導入
現在のフレックスタイム制度から、コアタイムを撤廃し、業務状況などに応じて始業時刻・終業時刻を日単位で変更可能となるスーパーフレックス制度を導入します。組織・個人として、より効率的な時間帯で業務を行うことができ、成果の最大化を図ることが可能となります。対象となる社員は約1万人となります。

■在宅勤務制度を拡充・拡大
現在、育児期や家族の介護が必要な社員を対象として限定的に実施している在宅勤務制度において、在宅勤務可能な回数を増加し、対象となる社員の範囲を拡大します。また、一般社員へのトライアルを経て、将来的な全社への拡大を目指します。

■「Smart & Fun! 支援金」を全正社員に給付
業務効率化により創出できた時間を自己成長機会に投資してもらうために、全正社員に毎月1万円の「Smart & Fun !支援金」を給付します。

■2017年2月24日からプレミアムフライデーを全社で実施
経済産業省およびプレミアムフライデー推進協議会が推進する消費喚起施策である「プレミアムフライデー」の取り組みに賛同し、2月24日から毎月末最終金曜日の午後3時を退社時間とする人事制度を開始します。約1万6千人が対象となります。

 

参考:これまでに導入したワークライフバランスに関する主な取り組み

■定時退社Day
退社後のプライベートな時間の充実や、健康的な日常生活を過ごしてもらうために、週に1度、毎週水曜日に定時退社Dayを設けています。

■アニバーサリー休暇
年1日、本人やご家族の誕生日、結婚記念日などの記念日に有給休暇を取得できます。

■リフレッシュ休暇
勤続5年ごとに連続5日間の有給休暇を取得できます。

■ファミリーデイの開催
社員のご家族に職場訪問を通じて仕事に対する理解を深めてもらうと共に、社員同士の交流を通したコミュニケーションの活性化を目的として、オフィス見学や家族紹介などを行うファミリーデイを年に1度開催しています。

■出産祝金制度
少子化問題に企業として取り組み、社員が子どもを産み育てやすくするための施策として、正社員を対象に、第1子5万円、第2子10万円、第3子100万円、第4子300万円、第5子500万円の出産祝金を支給しています。

■子供向け携帯電話機の無料配布および基本料金の免除
正社員の小学校在学中の子どもを対象に、希望に応じて、ソフトバンクの携帯電話機を無料で提供しています。親の在職期間中は、その基本料金相当額を無料としています。

■育児と介護に関する時短勤務制度
2017年1月から介護のための時短勤務が1年間取得可能に、また、育児のための時短勤務が小学校6年生まで取得可能です。

【特設サイトURL】
http://www.softbank.jp/biz/special/workstyle/?utm_campaign=premium&utm_medium=banner&utm_source=yahoo

メニュー